結婚線の今♡

「手相とカラーセッション」で鑑定する時、結婚線はとても現実的です。

 結婚線は、昔ながら、小指の付け根のしたの丘に横切る線で

鑑定を勧めますが、人生50年の時代より現在は、寿命も長く

鑑定も難しくなっています。

「手相とカラーセッション」では、いくつかの線を組み合わせる事で、鑑定も解りやすくなって居ます。